投資とは長期的にすることがまず第一

投資については今日は書いてみたいと思います。
投資はみなさんご存知だと思います。ただ、単に貯金とかするのではなく、
お金を少しずつでも増やしていこう、それによって色々な必要なお金を得ようという話です。
そのお金を増やす期間は人によって、投資手法によってもさまざまで、短期であったり、長期であったり
さまざまだと思います。
たとえば、株のデイトレード単体でみると短期ですし、投資信託とかで長期契約とかしていれば数年、数十年の
長期の話になりますし。

でも私が色々投資を試したり実行したりしている中で、一番大事だなっと思ったことが、
長期的に投資で利益を得ようという考えをまず持つ必要があるということです。
私は会社員になって6年目ぐらいなんですが、今思うともっと早く投資をしておけばよかったなあと思ってます。
且つ短期的に利益を出すことを意識するのではなく、1年とか1月単位では少しでも時間があれば
十分な利益が出るということを認識する必要があったなと思っています。

たとえばの話なんですが、私が働いている会社は持ち株制度があるんですね。
給料から掛け金を天引きできて、それを半年に一回株を買いますと。そして15パーセント引きで
購入できますと。
私は去年までしていなかったんですね。自分でそのお金を元に稼いだほうがよいって思って。
でも結果は・・・・
私はそこまで利益も出ず。。。まあ勉強になって今年とかは利益を出せるようになりましたが、
ずっと上記をしていた同僚とかは株の値上がりもあり、1千万台までいってたりします。
まあリーマンショックが途中にあってその分ちょうどよく値上がりが多かったというのもありますが。

色々書きましたが、やはり長期的に投資をするという認識は必ず必要だと思います。